本物の美を手に入れる

カウンセリング

驚くくらい変わる美容整形

医療目的で作られたボトックスは、そのことから分かるようにとても安全でリスクの少ない美容整形です。しかしながら、注意事項を守らないと効果が発揮されなかったり、腫れや傷みの原因になることはあまり知られていません。どんな整形にもいえることですが、整形をする前と同じように、整形をした後のケアは重要なのです。やっておしまいではなく、ケアを続けていくことで効果が存分に発揮されますし、より美しさを際立たせる仕上がりになれるということは覚えておきましょう。ボトックス注射をするときの注意点ですが、施術前には医師に持病の有無や妊娠しているか、あるいは常備薬があるかと言ったことを伝えておくのがベストです。妊娠中や持病の種類によってはボトックスが利用できないケースもありますし、薬を変えなければいけないこともあります。それから、注射を受けた後は激しい運動をしたり、汗をたくさんかくようなサウナやあつすぎるお風呂に長時間入ることは避けましょう。汗をかくと注射した箇所が腫れたり、痛みやすくなったりしてしまいます。マッサージなどもできればさけ、洗顔なども優しくこすらないように注意します。メイクは当日からOKな場合とそうでない場合がありますが、負担を避けるという意味でもできれば当日は何もしないのがベストです。さらに注射した部分に違和感を覚えたり、効果が発揮されていないように感じた場合にはすぐに医師に相談します。そもそもボトックス注射は効果が定着するのに1週間〜10日前後かかりますが、その期間を超えても変化がなかったり、注射後〜3日程度違和感が拭えないなら診察を受けましょう。何を基準に美容整形をするクリニックを選ぶかは人によって異なります。よく聞かれるのは値段を優先して決めてしまうという点ですが、これはあまり良い選び方ではありません。重視したいポイントはいくつかありますが、まずはボトックス注射を受ける前の診察で医師がきちんとカウンセリングや問診の時間を取ってくれるかは重要です。人によってボトックスを利用する目的はそれぞれ異なりますし、しあがりに求めることも異なります。ですから、自分の希望を意思に伝えるためにも、医師との相互的なやり取りが必要になるわけです。一方的に話をされただけで聞いてもらえなかった、自分の希望とは違うイメージを提示されたという場合には違うクリニックを利用しても良いかもしれません。それくらい、医師との時間というのは大切なものなのです。次に通いやすさと予約のとりやすさも重要なポイントでしょう。ネット予約対応のクリニックであれば急な予約変更でも手間取りませんし、自分の時間に合わせて予約をとるのも簡単です。しかし、電話予約のみ、平日のみと言った診察時間や予約方法の制限があると、予約を取ること自体大変に感じてしまい通わなくなってしまうこともあります。長く通いたいと考えているのであれば、より一層、予約や診察時間・休診日については事前に確認しておくべきといえるでしょう。料金やボトックス注射に使用している薬剤もクリニックごとに異なりますが、これらは医師と相談しながら決めていくものですからそれほどとらわれる必要はありません。まずはクリニックとの相性、そして通いやすいかどうかを見極めましょう。

Copyright© 2018 気軽な美容施術ならボトックス注射【アンチエイジング治療の定番】 All Rights Reserved.