若い人も受けている

看護師

施術前の注意点を確認する

ボトックス注射は体の中の色々な部位に使うことができますが、最も使用者が多いのが顔の表情シワ取るために使う施術です。これは年齢と共に深くなる表情シワを目立たなくさせるもので、主に40代以上の年齢の人が中心となって施術を受けています。しかし、最近では予防的にボトックスを使う若い人も増えてきており、20代でも表情シワができないように施術を受ける人もいます。表情シワは繰り返し皮膚にシワができることで徐々に深く濃くなっていきます。そのため若い時に表情シワができないようにしておくことで、その後年をとった時にもシワが目立たないという大きなメリットがあるからです。若い時にはすぐに表情シワを消したいということはなくても、将来的なことを見越して先にボトックスをうっておくという方法で、若ければ若いほど予防効果が高いと言われています。表情シワが深く刻まれてしまうと、筋肉の動きを抑制する働きのあるボトックスだけではシワが隠しきれなくなることもあり、他の施術も同時に受ける必要がでてきます。そうなる前にシワができないようにボトックスを使っておけば、他の施術を受ける費用が節約できるというメリットもあるのでしょう。実際に表情シワができるような年代になると皮膚のハリが低下していたりと、シワができる要因が多くなってきているので、シワができないような対策をしておけば、そういった悩みとも無縁になります。このようにボトックス注射を受けている人はシワを消すために使う人と、未来のシワ予防のために使う人がいるのでかなり幅広い年代の人が施術を受けています。美容整形を受ける時には事前の状態をなるべく正常な状態にしておくことがとても重要です。むくんでいたりすると通常の状態とは違ってくるので、医師が施術を行う時の判断に狂いが生じる恐れがあるからです。ボトックス注射は元の状態によって薬剤を入れる量や場所を細かく変えていく必要があるので、少しの違いが仕上がりに大きな差を作ってしまいます。むくんでいる状態では、通常よりも顔が大きく見えることが多いので、その分薬剤を多く使うと、薬がきき過ぎて表情を変えにくいなどの副作用がでてしまうこともあります。また皮膚の下に薬剤を注入してから吸収されるまでには時間がかかるので、その時にむくみがあると薬剤の吸収具合に変化がでてしまうこともあります。薬剤が皮膚の下で移動してしまうと、効き目を出したい部位にしっかりと浸透せずに、他の場所の筋肉の動きを抑制してしまうという問題が生じることもあります。そのため、患者の負担が少ない施術だとしても、顔や体がむくんだ状態にならないよう体調を整えておくことが重要です。前日にお酒を飲みすぎたり、塩辛いものをとりすぎると施術当日にむくみが起きやすいので前日から準備をしておきましょう。また寝不足などもむくみの原因になることがあるので、時間に余裕をもたせておくことも大切です。このように簡単な施術だとはいえ事前の準備もしておく必要があるので、事前に当日までにしておくことや気をつけておくことなどを聞いておきましょう。またボトックス注射後も同じように注意点があるので、休暇を長めにとっておくことをおすすめします。

Copyright© 2018 気軽な美容施術ならボトックス注射【アンチエイジング治療の定番】 All Rights Reserved.